見守りセンサー


マットレス下にセンサーシートを置き、微小な体動から
呼吸・脈拍・体動を検知して、異変時に報知します。
 看取り(ターミナルケア)の見守り
 離床感知
 非接触での呼吸・脈拍検知・観察
 
● センサーをマットレス下に設置するため違和感がない
● 呼吸・脈拍・体動の観察可能(5秒ごとに呼吸数・脈拍数更新)
● 離床感知用としても使用可能
● 褥創予防マットレス(低反発・エアーマット等の下)使用時でも使用可



■非接触で測定可(ke)能

いつものマットレスの下に設置するだけ。対象者に何かを付ける必要は
ありません。
体圧分散マットレス、エアーマットレスの下で使用できます。

■ストレスフリー

非接触・非拘束なので対象者に負担をかけません。
■状(zhuang)態(tai)が一目瞭然

ベッドサイドにモニターがあるので、今の状態を容易に把握できます。

 

【実証試験】


【使用例・設置例】
◆ベッド上でのモニター(見守り) ベッドサイドでの観察 離床検知
 マットレス下にセンサーシートを置くことで微小な動き(呼吸・心拍・体動等)をモニターすること ができます。
 ベッド上での状態がベッドサイドから観察でき、異変かあるとナースコールで報知します。
 (正常呼吸数・脈拍数を設定して、正常値から一定時間外れると報知)
 離床検知としても使用できます。

 

◆ステーションでの集中管理(パソコン使用)
ベッドサイドでの観察可能でデータはWi-Fiでパソコンに送信されます。
リアルタイムで5ベッドまでの見守り装置を表示・保存されます。
経過表示やデータ集計が可能です。アラートもパソコンで表示されます。